Copyright © Akindon. All Rights Reserved. 

1777 Saratoga Ave Suite #130, San Jose CA 95129 USA
Phone: 408.472.5429
Fax: 213.270.9394
email: hello@akindon.com

November 7, 2017

前回は、アメリカ人は保守的だから、アメリカ市場を知る必要があるとお伝えしました。

今回は、具体的にメンズの靴下市場を具体的に例にご紹介します。

アメリカのメンズ靴下市場は大きく5つに別れます。

1. Hipster/Vintage
サンフランシスコ、ポートランド、シアトルなどに住んでいる人がHipster(ヒップスター)というカテゴリーファッション市場。自転車を愛用し、オーガニックやビーガンを好む。スリムなデニムやパンツに、派手なカラーや柄の靴下を履いています。


 

2.Preppy/Casual
一般的。Gap, J.Crew, Cole Haan など大手コーポレートブランドがメインとなるこの市場です。


 

3. Suite/Tie
ビジネスマン。ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコなどシティー市場。Calvin KleinやDKNYなどデパートメントで販売されている靴下を好む傾向にある。


 

4. Urban

主にロサンゼルス、ニューヨークなど、比較...

November 6, 2017

日本では流行やブームがあると、1つのものが集中的に売れる傾向にあります。
アメリカ人は、日本人のように新しいものや海外のものに飛びついたりせず、同じものをずっと好きでいるとても保守的な傾向があります。
これは、海外のものについつい飛びついたり、良いものだと感じやすい、島国である日本特有の文化や習性であるとともに、
歴史的な背景が大きく影響していると感じています。


アメリカ人は、戦争に勝ち、世界でNo.1、自分たちが世界をリードしている国だという国民の意識が強い=自己肯定感が強い。


こちらは、少し古い資料ですが、
米国・中国・日本の高校生に対して行った自己肯定感に関する質問結果です。


日本人:
今の自分はダメ、間違っているかもしれない、自分には価値がない。

アメリカ人:
今の自分でOK、自分は正しい、自分には価値がある。

このような傾向があるため、
アメリカ人は好きなものは世代や時代を問わずずーっと好きでいる。これが保守的な市場へと結びついていま...

October 28, 2017

弊社が2002年にアメリカのアパレル業界に参入以降、弊社の実績と経緯を元にアメリカのアパレルB2B市場の大きな流れについてお話します。

2002年~2008年
セレブリティーファッションが主流、$200以上するデニムが飛ぶように売れる時代。
どこの展示会場へ行っても、バイヤーで溢れている。
カリフォルニアのバイヤーがニューヨークの展示会へ、ヨーロッパのバイヤーがカリフォルニアの展示会へ等、飛行機で州や国境を越えてまで買付けに来ていた時代です。
日本から来ているバイヤーもとても多く買付けや市場調査にきていました。
人気の展示会はブースがすぐに埋まるため、キャンセル待ちとなり、出展したくても出展できない。一番人気であったNew York International Gift Show(現 New York NOW)は、出展審査がとても厳しく、10年も待たなければ出展できないという話もあったほどです。



2008年9月リーマンショック後
飛行機に乗って州や...

October 26, 2017

アメリカ市場では、”押さえておけば必ず売れる!”という柄や企画が存在します。
アメリカ人はとても保守的なので、世代やトレンド背景問わず、ず~っと好きなものが変わりません。


今回はその1つをご紹介、「DAISY(デイジー)」です。

春になるとカリフォルニアでは、デイジーが一面に咲いているところが多いです。

SS(春夏)企画は、とにかくデイジー商品が多いです。

アメリカではライフスタイルの中にデイジーが入り、とても定番です。

アメリカのSS(春夏)企画は、デイジーを入れましょう!

October 26, 2017

「ミッドセンチュリー(Mid-Century) デザイン」
「ミッドセンチュリーの家具」
ミッドセンチュリーという言葉を聞いたことはありますか? 

1945年第二次世界大戦後、アメリカ軍兵士が帰還し家庭を持ち、住宅ブームと家具の需要が増えた際に生まれ、軍事用に開発された材料などからうまれた成形合板やプラスチック、グラスファイバーといった新技術を使った家具やインテリアのことを言います。


このようなシンプルかつ、合理的なレトロな雰囲気のインテリアです。

 現在でも、アメリカでは、このミッドセンチュリースタイルが親しまれており、家具をミッドセンチュリーで揃えているアメリカの友人も多いです。
 


そして最近このミッドセンチュリースタイルの中に、
 

 日本のこけしが登場しているんです。


ミッドセンチュリースタイルに、木製のこけしの相性がとても良く合うことから、
密かにブームとなっています。


 

September 4, 2017

グローバル市場では 、黒、ベージュ、ネイビーなど ベイシックのモノトーンカラーに加え、もう1色必須カラーがあります。
それは、ミント(エメラルドグリーン)色です。

瞳の色と合わせて、カラーコーディネートをするためです。 とくに、瞳の場所に近いピアスやスカーフ等のアクセサリー小物の商品企画において、ミント(エメラルドグリーン)色は必須です。

Please reload